コラーゲンの効用

Posted by & filed under .

加齢とともに減少するコラーゲン。女性が特に気になるのは、やはりお肌への影響です。いつまでも「若く見られたい」という気持ちは、女性なら誰でも持っていると思います。

コラーゲンの減少は、すでに20代から始まっているということを知っていますか。自分はまだ20代だから大丈夫と思うのは間違いです。20代からケアしなければ、肌の老化はドンドン進み、30代・40代になると取り返しがつかないことになります。皮膚は表面の表皮・真皮・皮下脂肪の順で出来ています。

この真皮こそがコラーゲンなのです。この真皮が加齢とともに減少していき、シワ・たるみなどの原因になります。コラーゲンは新陳代謝を上げてくれます。コラーゲンを摂取することにより、新陳代謝が良くなり古い角質層を落としてくれるという化学的実験結果もあるほどです。

コラーゲンが減少すると、新陳代謝も悪くなり、肌の衰えも早くなるそうです。このような結果からも、コラーゲンは私たち人間にとってもとても大事な成分だと言うことがわかりますよね。加齢により関節の痛みなども、実はコラーゲンが原因なのです。コラーゲンが減少すると、軟骨が潰れてしまい、骨と骨がぶつかり合って痛みが出るのです。

実際にコラーゲンを摂取している人は、70代になっても関節痛などにはならないと、医学的にも発表されています。コラーゲンを摂取る事により、肌も身体も若くいられるのです。